若い占い師について

最近の若い占い師志願者について

占い師として長年、対面鑑定をしている者です。昨年から会社に頼まれ、占い師の養成学校で授業を持つ傍ら、占い師の採用審査、面接等の立会をするようになりました。そこで最近の若い占い師希望者をみていて、気になる点がいくつかあったので、言わせていただきたいと思います。
最近の娘さん達は大変真面目で、勉強するのが大好きな人が多いようですね。昼間に大学や仕事をする傍ら、少ない時間の中で養成学校に通い、自分でも自宅で学習する姿はとても感心させられます。しかし一所懸命勉強する姿は美しいのですが、占いだけが上手になれば、お客さんは誰かが見つけてきてくれるという他人任せな娘が多いように感じます。養成学校を卒業すれば、学校が就職先を紹介してくれるとか、就職できたら就職先がお客を見つけてきてくれるとかそんなことばかり考えて、自分でお客を開拓する気がそもそも無いように見受けられます。

若い子たちを見て思うのですが

私は占い師歴35年の者です。現場で対面鑑定をやっていたのですが、近年は会社の経営の方も手伝うようになってきました。そこで会社が運営している養成学校で授業を任されたり、また店舗での採用審査なども私が行うようになりました。
最近の若い子たちを見ていて感じるのは、みんな大変優しいということです。裏を返せば、少し打たれ弱いような気がします。そのため、学校で注意したいことがあっても、普通に注意すると落ち込んでしまい学校に来なくなってしまうので、大変気を使います。しかし最近の子たちは空気を読むのが大変上手なので、私たちの世代よりも占い師になるには向いている子が多いような気もしています。また、子供の頃からネットが身近にあった世代の子たちなので、ネットで怪しいサイトを見分ける能力が備わっている子が多く、その点は大変頼もしく感じます。

占い師を目指す若い人

占い師といえば、歳をとった女性がやっているようなイメージを持たれる方が多いでしょう。しかし最近では若い方でも占い師を目指す人が増えています。いわゆる「占いブーム」的なものは過ぎ去りましたが、占いファンが消えることはありません。若い方で「占い師になりたい!」と思うような人がいて当然だと思います。
「なんだか当たりそう」だと思われるのはやはり年をとった占い師だと思いますが、若い占い師はSNSなどを使って宣伝ができるので、その点は強いかなと思います。